参考情報)大阪府奨学金変換支援制度導入支援金のご案内:【事業の人材確保・労働者支援】

 1.大阪府奨学金返還支援制度導入促進支援金のご案内

大阪府においては、従業員等に対し、奨学金返還にかかる手当等を支給する又は、従業員に代わって奨学金を返還する「奨学金返還支援制度」を新たに導入した事業者に最大50万円(大阪府育英会奨学金30万円+日本学生支援機構奨学金20万円)の支援金を支給する事業を行っています。
(申請期間~令和6年2月29日:ただし予算達成により終了。予算1000事業者)

事業主の人件費負担は増加しますが、事業者にとり次のようなメリットが挙げられています。
現在、多くの業種において人材不足となっておりますので、従業員の福利厚生の一環、若年労働者の確保の点からもご参考にされてはいかがでしょうか。

奨学金返還支援制度を導入するメリット (大阪府HPより)

1.企業等においては、人件費となるため、損金算入ができ、法人税の減額が見込まれます。

2.福利厚生の一環としてPRすることができイメージアップが図られ、人材確保や定着に資することが期待できます。

3.従業員においては、奨学金返還における経済的負担の軽減が図られ、支援を受けた額の所得税が非課税となり得ます。

詳細は下記HPをご参考ください。

大阪府奨学金返還支援制度導入促進支援金のご案内 | 大阪府奨学金返還支援制度導入促進支援金 (osaka-syogakukinhenkan.jp)

(1)支援金のポイント
・ポイント1
本支援金は、事業者が奨学金返還支援制度を導入する費用等(※)の負担軽減のために実施するものです
※社労士への相談費用、HPの改修費用等
(事業者が奨学金返還支援制度を運用していくランニングコストを補助するものではありません。)

・ポイント2
本支援金は、奨学金返還支援制度を導入したという事業者に、定額で支給します
支援金の金額について、奨学金を借りている従業員の有無は関係ありません。

・ポイント3
奨学金返還支援制度の支援内容(金額、期間、条件等)は、制度導入事業者が自由に設定できます
ただし、事業者名や支援金額などの支援内容等を大阪府のホームページで公表する旨に同意いただく必要があります。

○申請スケジュール

申請時期              申請期間                           支給時期

第2期   2023年12月1日(金)~2024年1月18日(木)           2024年2月中旬頃

第3期   2024年1月19日(金)~2024年2月29日(木)           2024年3月下旬頃

画像をクリックすると参照元サイトが参照できます。

関連記事

  1. (大阪府:事業者向け独自支援金)「大阪府中小法人・個人事業者等に対する…

  2. 建設業許可の基本

  3. (特殊車両通行許可)大型車の通行規制(夜間走行)の緩和について

  4. (セミナー情報)建設業:一人親方の適正な働き方に関する説明会

  5. 大阪府営業時間短縮協力金

    飲食店向け)コロナ感染症拡大防止のための大阪府営業時間短縮協力金につい…

  6. 令和3年4月以降の売上減少に対する「月次支援金」が発表されました

  7. (特殊車両通行許可)夜間通行時間帯条件の緩和(予定)

  8. 「建設業許可」取得の要件が緩和されました(経営経験)