令和3年4月以降の売上減少に対する「月次支援金」が発表されました

現在、コロナ感染症による緊急事態宣言に伴い、2021年年1月~3月の売上が2019年又は2020年の
同月と比べて50%以上減少している中小法人・個人事業者等に「緊急事態宣言の影響緩和に係る一時支援金」
(以下「一時支援金」という。)の申請受付けが行われています。

4月28日に2020年4月以降の売上が2019年、2020年の同月と比べ50%以上減少している事業者に
対する支援金(「月次支援金」)の概要が発表されました。
月次支援金についても、一時支援金と申請書類、申請の流れは同様ですが、
①一時支援金の申請を行っている事業者に対する申請の簡略化
②1か月ごとの申請 等
いくつか一時支援金と申請手続きが異なる部分があります。

関連記事

  1. (建設業)10月1日より申請・届出用式が一部変更になります。

  2. 大阪府営業時間短縮協力金

    (大阪府)営業時間短縮協力金(第5期)の申請代行

  3. 交付から2年を経過した建退共手帳の更新について(建退共制度改定)

  4. WEBサイトをリニューアルいたしました。

  5. 月次支援金申請入力における区分(x-1やY-1等)及び取引先の入力につ…

  6. 月次支援金の事前確認の受付について(事務所での面談又はZOOMでの対応…

  7. (国交省発表)建設技能者に対するスキル向上のための特別講習の実施

  8. 特殊車両通行許可

    特殊車両通行許可、誘導車要件の緩和(令和3年3月施行予定)