大阪府営業時間短縮協力金

飲食店向け)コロナ感染症拡大防止のための大阪府営業時間短縮協力金について

新型コロナウィルス感染症の拡大防止のため、大阪府は、飲食店、遊興施設の営業時間短縮に応じる事業者に対し、「営業時間短縮協力金(仮称)」を支給することが発表されました。申請手続きは2月8日開始予定です。
協力金の受給のためには、感染防止ステッカーの登録・掲示、営業時間短縮の案内の掲示等の事前準備が必要となります。
手続きの詳細は決定次第、大阪府ホームページに掲載されます。
詳細はこちら

当事務所では発表翌日には、インターネット環境を有しない高齢の事業者の方から問合せをいただき、協力金支給の事前の準備として、感染防止ステッカーの登録・掲示、コロナ追跡システム案内、営業時間変更案内などの作成のお手伝いをさせていただきました。

大阪府営業時間短縮協力金(仮称)
対象事業者
営業時間短縮要請を受けた飲食店等を有する、次の(1)から(5)の全てを満たす事業者

(1) 大阪府内に飲食店・遊興施設(食品衛生法上の飲食店営業許可を受けている店舗)があること
(2) 20時から翌朝5時までの時間帯に営業を行っていた店舗で、朝5時から夜20時
に営業時間を短縮し、かつ酒類の提供は11時から19時までとすること
(3) 令和3年1月14日から2月7日の25日間、営業時間短縮要請を遵守していること
※ただし準備期間が必要なため、1月18日から要請を遵守している場合も対象
(4) 令和3年2月7日までに感染防止宣言ステッカーを導入していること
※感染防止宣言ステッカーを導入していない期間は休業していることが必要
(5) 営業に関する必要な許認可等を取得していること

支給額

1店舗あたり 150万円(6万円×25日)
※令和3年1月18日から2月7日まで要請を遵守している場合
1店舗あたり 126万円(6万円×21日)

大阪府/感染防止ステッカーの登録はこちらからおこなうことができます。
感染防止宣言ステッカー

コロナ感染対策ステッカー

営業時間短縮の案内掲示物(例)
営業時間短縮案内

関連記事

  1. 「一時支援金」の事前確認を実施しております。ZOOMでの対応可